有伽堂きりんのブログ

算命学鑑定・算命学にまつわるあれこれを中心に綴っています

占いで恋愛運最高といわれて10年ぶりに彼氏ができた話

とある女性のお話です。30代独身彼氏ナシ。

彼女ははっきりいって、モテない。

どれくらいモテないかというと、彼氏いない歴10年。

 

そんな彼女が「今年の7月は恋愛運最高」と占いでいわれて、その結果にあれやこれやと振り回されつつも、なんだかんだ10年ぶりに彼氏ができた過程をお話しします。

f:id:y-enjoyabletarot:20211113150208j:plain

決意

誤解なきよういっておくと、べつに何年恋人がいなくても、彼氏いない歴=年齢でもまったく構わないし、ほんと人それぞれだと思います。

ただそれは本人が恋人を必要としていない場合に限りです。

 

彼女も20代はパワハラ上司に翻弄されていつもストレスMAX、顔に吹き出物のオンパレードで、就職して7キロ太り、転勤もして、日々の生活でいっぱいいっぱいといった状態でとても恋愛気分にはならなかったようです。もちろん職場での出会いもありません。

 

そんな彼女は20代最後の年にその仕事を辞めます。

そして貯めたお金と時間を使って海外旅行にいったり新しい勉強を始めたりしながら、皮膚科へ通って肌を整え、ダイエットをして7キロ痩せました。20代で乱れたあれこれを2年かけてリセットします。

そんこんなでなんだか生活がすっきりしたところでついに思い立ったわけです。

 

そうだ!彼氏作ろう!!

 

10年ぶりに彼氏ができるまで

ま、なんかいい感じの理由を付けて彼氏できなかったことを説明してみたけれど、現状を振り返ればロマンティックのかけらもなく早10年。いつのまにやら30代。

そこで彼女は悟りました。

 

年齢的に今ギリギリじゃね?

 

そうです。

はっきりいってオンナの需要は34歳まで!!

というか、女性は悲しくも35~40歳くらいが一番どこからも需要がない年代になってしまう傾向はあると思います。(バツありは別。偏見上等。)結婚相談所でもその年代が一番婚活に苦労するって聞いたことあるし。

つまり彼女の場合、30代前半の今のうちに対策をとらないとこの先の10年も彼氏いないことになりかねないってことです。

 

え、それはマズい……

 

というわけで、彼女は「彼氏作ろうキャンペーン」を開催することにしました。

活動内容はこの2つです。

1.男性との出会いを増やす

2.恋愛運が良さそうな日にデートの約束を入れる

 

1に関しては当たり前ですね。今まで出会いがなかった or 出会っていても上手くいかなかったからの現状なので、意識的に恋愛につながるような行動をおこさないといけません。

そして彼女の面白いところは、ただ出会いを増やすだけではなく、占いで自分の恋愛運が良さそうなときを調べてデートの約束をできるだけそこに合わせるようにしたのです。

というのも、彼女は前職を辞めた2年間で占いに興味を持ち勉強していきました。

その知識をここで使わないければいつ使うのだ!!!

 

というわけで、彼女は自分で自分の運勢を割り出します。このとき5月下旬。

どうやら7月が恋愛運絶好調らしい……

 

よし!7月中に彼氏を作るぜ!!

 

ということで、それから彼女は6月中は精力的にマッチングアプリ等で出会いの機会を増やしていきます。(このアプリ関連の活動がかなりめんどくさい!!このときのお話はまたいつかどこかで)

そしてなんとかその中の一人と意気投合。計画通り恋愛運絶好調な7月にデートを重ねます。ただデートの約束もできる限り運気の良さそうな日に設定していきました。

 

例:「土日どちらか出かけませんか?」と相手にいわれて、どっちも空いていたら運気を割り出し「(土曜よりは日曜の方が運が良さそうなので)日曜日でお願いします。」と答えていた。

 

そんな運気の勢いを味方につけて順調に「恋人未満」期間が続いていきます。

何回かデートに行き、相手の人ともいい感じなってくるのをひしひしと感じながら、彼女は「いつ告白されるかしら」と期待をして待っていました。

 

しかしここまでは計画通りだったのですが、いい雰囲気の期待に反してちっとも向こうからアクションを起こしてこないまま7月が明けてしまいます。

 

彼女、焦る。

 

えーこの人なに考えてるのーー8月入っちゃったよーーーまさかここまできてそんな気じゃなかったとかいうオチだけは勘弁してくれーーーー

 

と、相手の出方をみるのに疲れ切った彼女はここで自分の行動を振り返ります。

 

思い返せば、いままで自分に彼氏ができなかったのはつねに待ちの姿勢で、自分からアクションを起こす勇気がなかったからではないのか?

 

わたしは彼氏を作ると決めたのだ。そしてその可能性が持てる相手もちゃんと現れた。なのにいままで通りこのまま相手の出方を待つ気なのか?

 

もう待つのはやめよう!!

なんせわたしはアラサーギリギリ女なんだから!!!

 

何度目かのデートの帰り際、ついに彼女は

自分から「わたしと付き合う気はあるのか」と相手に詰め寄ります。

 

相手はビックリした顔をしながらも「ある」といったので、晴れて彼女は10年ぶりに彼氏を作ることに成功したのです。

いや~よかった、よかった。

f:id:y-enjoyabletarot:20211113150231j:plain

運を活用させるには

ま、ここまで読んできた方はお気づきかと思いますが、彼氏いない歴10年のアラサーギリギリ女はこのブログの主、有伽堂きりんのことでございます。

いや、お恥ずかしい。

 

そもそも「運気が良い」ってなんなんでしょうね?

運が良いからといって必ずしも上手くいくわけでもなく、もちろん運が悪いからといって絶対に失敗するわけでもありません。もともと知らなければそれまでことですし。

 

ただ今回のわたしの「彼氏作ろうキャンペーン」でいえば、自分の好調時を知ったことで、

・きっかけ

・後ろ盾

・エナジードリンク

あたりにはなっていました。

 

まず「彼氏欲しい」と思ったときに「あ、来月ちょうど運気いいじゃん」と思えたことでいままでサボっていたのを頑張る気になりました。やる気スイッチを押すきっかけになったんですね。

 

で、婚活ならぬカレ活?恋活?をしていると、まーーーめんどくさいんです。見知らぬ男性とメッセージを数回やり取りしてお茶しにいくという工程がほんと大変。効率悪いし。

余談ですが、もし恋人がいない方で結婚願望を持っているなら、わたしはマッチングアプリとかで遠回りするのはやめて、覚悟決めて結婚相談所に入った方が絶対にいいと思います!!

 

改めてロマンティックをサボりにサボっていたわたしにとって、大人の恋愛活動は「楽しさ」と「めんどくささ」のせめぎ合いなんだなってつくづく実感しました。

そんなときにも「今年中で恋愛運が良いのはここなんだよ!」と自分に言い聞かせることで、わたしには今運が付いているんだ!!運が味方をしてくれている!!と背中に運が張り付いている気でいられました。

 

そして、この「めんどくさい」という気持ちをどうにかこうにか押さえつけてくれていたのも、この「7月は恋愛運最高」という知識です。どんなに返信がめんどくさくても、忙しさの中にねじ込んだ気乗りのしないデートでも、「今が頑張りとき」と思えば疲れたときにユンケルをキメるおじさんのごとく、なんとか恋愛活動を進めることができました。

 

もちろん、恋愛運がそんなに上がるときじゃなくても、いままで何もしてこなかったんだから本気出して活動すれば彼氏はできていたかもしれません。ただ、

 

今年中に何とかしたいならこのタイミングしかない。

 

という思いを持てたことは、10年ぶりに無事彼氏を作ることができた要因のひとつには確実になっています。

 

まとめ

ま、当たり前ですが、彼氏ができたからといってなんなの?って話です。結婚も然り。そこがゴールではなくむしろスタートといえるでしょう。

重要なのは「これからどうやって相手とよりよい人間関係を築いていこうか」です。

 

相手との相性も算命学の命式から割り出してみようと思ってはいるのですが、お客さんからのお申込み案件の方が大切なので、自分の鑑定まで手が回らないのが現状です。その間に破局したらどうしよう(笑)

 

有伽堂きりんの相性鑑定はただ良し悪しをみるものではなくて、相手と自分の性質を知り、どんなところに気をつけたらいいかという「傾向と対策」になっています。パートナー様との相性が気になる方はぜひこちらもお確かめください。

※相性鑑定のみは受け付けておりません。

 

結局宣伝(笑)

ま、そのためのブログですから。

 

なんだかいつもとは違った切り口で記事を書いてみたので内容がまとまっているとは言い難いですが、10年ぶり大人の「彼氏作ろう珍道中」と「運を活用するとはどういうことか」をすこーしでも伝えられていたらいいなと思います。

 

ちょっと長くなってしまいました。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

 

*算命学の鑑定受付はこちら*