有伽堂きりんのブログ

算命学鑑定・タロット占い

知っていれば怖くない!天中殺の過ごし方/算命学

算命学の「天中殺(てんちゅうさつ)」は誰にでも巡ってくるある特定の期間を示すものであり、全部で6種類あります。算命学ではすべての人間はこの6種類のいずれかに属していることになっていて、天中殺に該当する年は「運気の隙間」として物事がスムーズに運ばれにくい期間になります。(大運天中殺以外)

 

そこで今回は、天中殺期間中はどんなことを意識して過ごせばいいの?という、天中殺に突入したときに気をつけた方がいいことをまとめました。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20200629231850j:plain

天中殺は誰にでも訪れる

人には運気の流れというものがあって一定のサイクルで巡っているのですが、サイクルのつなぎ目に運気の流れが途切れるときがあります。天中殺とはこの運気の流れが途切れている期間を示しています。いわば「運気の隙間」です。

天中殺では運気の流れの中でここだけぽっかり穴があいた状態になります。そしてこの空いた穴からいつもの自分とは違う思考(状態)の自分が表に現れてくるのです。いつもの自分を「表の自分」とするなら、天中殺期間中に現れた自分は「裏の自分」になります。

 

たとえば、普段は「結婚なんてしなくてもいいや」と思っている人が、天中殺に入って「結婚したくてたまらなくなる」といった症状が出てくるイメージになります。今までの仕事がイヤになって転職を考えたり、普段元気な人が体調を崩したり、突然親の介護が始まって身動きしにくくなったり……

 

天中殺に入ると普段は自分の奥に隠れている裏の自分が出てきて、いつもの自分とは違う行動を取るので、慣れない行動に思うように物事が進まず、空回りや失敗が増えるのです。だからなんとなく「ツイていない」「上手くいかない」と感じる機会が多くなるので、一般的に「天中殺=運気が下がる時期」と認識されています。

 

しかし天中殺は誰にでも訪れるものであり、人生の循環に必要な期間です。天中殺期間に現れてくる裏の自分も、普段は鳴りを潜めているだけでもともと自分の一部であり、否定するような存在ではありません。

とはいえ、たしかに物事がスムーズに運ばれにくい期間ではあるため、天中殺の過ごし方にはいくつか工夫と意識が必要です。

ただ天中殺は怖いものではありませんので、ポイントを押さえて上手に付き合いましょう。

 

合わせてこちらもご覧ください

算命学の天中殺とは?天中殺の種類と意味

あなたはなに天中殺?天中殺の捉え方とそれぞれの特徴

 

天中殺の過ごし方

恋愛

恋愛面では試練の多い期間になります。もともとさまざまな場面でつまずくことが増えるため、イライラする機会も増えてつい相手に八つ当たりしやすくなっています。だからこそ相手へより一層の配慮を心がけましょう。もしやらかしてしまったら素直に謝ることです。ここで意地を張るとさらにこじれて取り返しのつかないことにもなりかねません。

また、相手のダメな部分が出てきて期待を裏切られたり、今まで見てみぬふりをしてきたことに向き合わざるを得ない状況になることもあります。そんなときは、天中殺期間にダメになるような関係は結局はそれまでの関係だったと思って、辛くても気持ちを切り替えて次に目を向けましょう。

しかし、この期間を乗り越えられれば相手との関係性も新たなステージに進めるようになります。友情も同じで、相手が恋人か友達かの違いです。

一番大事なのは相手への思いやりの心を忘れないことです。

 

出会い

感覚にズレが生じているので、いつもなら選ばないような人に惹かれやすいです。よって、このときの出会いは危険が多く、あとで悔やまれる結果になる可能性が高いです。相手が天中殺の場合も同じ。

したがって、天中殺を過ぎれば「なんでこの人?」と気づかされることもしばしばあるでしょう。ただし普段では出会わないような意外な人と仲良くなるチャンスでもあります。

ただ惹かれた気持ちにウソは付けませんので、一時的な関係かもしれませんがそれはそれとして楽しむようにすれば問題ありません。

 

結婚

残念ながら、天中殺期間の結婚は離婚率が高いです。とくにこの期間に出会った人とスピード結婚した場合はさらに確率が上がります。しかし、天中殺前から一緒にいて「この人となら」という気持ちが持てる相手なら問題ありません。また日々愛情を育み、しっかりと2人でやっていく覚悟があれば大丈夫です。

一方で、普段全然モテない人は天中殺中がねらい目です。機会があれば勢いで結婚してしまうのもアリ。また相手の運気が良いときならその流れに乗るのはおすすめします。ただし天中殺が明けると気持ちに変化が生じるので「結婚=幸せ」と過度に期待しすぎないようにしましょう。あくまでも結婚はゴールではありません。

とはいえ、もちろん天中殺期間に結婚して長く続いているご夫婦もたくさんいらっしゃいます。重要なのは「2人で家庭を築く覚悟」です。どんなに仲が良くても長く続けるにはお互いに努力が必要であり、愛情は2人で補い合うものです。

 

また、すでに結婚生活を送っている人は、この期間はお互いの粗が出やすい時期になります。自分が相手に不満を抱いているのと同じように、相手もあなたにイライラしています。日ごろの自分の行いが自分に返ってきていると思って、いつもしてもらっていることにより一層の感謝を表しましょう。あらかじめお互いの天中殺を把握しておくと対処もしやすくなります。

 

出産

問題ありません。物事がうまく回らない期間ということは、「人として成長する機会を半ば強制的に与えられている時期」ともいえます。その点、出産・育児はそもそも思い通りにはならないし、子供を通して親の成長、さらに人間としての成長にもつながるものです。

また子供は子供自身で別運気なので、親の天中殺の影響はあまりありません。親の天中殺に生まれたからといって育てにくいこともなく、もしそうであっても、それはその子の持って生まれた性質や育てる環境によるもので「天中殺だから」ではありません。

 

仕事

予想外の出来事が起こりやすくなります。経験のない業務を任されたり、異動や昇進により安定していた職場に変化が訪れるため、トラブルやミスが増えるなど辛い時期になりやすいです。それに伴って転職を考えることも増えますが、できれば天中殺中は思いとどどまることをおすすめします。

この期間中の出来事は後々役立つことも多く、心身を病むほどでないなら「人生で必要な経験なんだな」と思って淡々とこなしていきましょう。健康被害があるなら即効で辞めてください。

またどうせ裏目に出る時期なら、あえて逆の行動を取るのもアリです。いつもは避けてきた仕事やより大変そうな方を選んでみると、それなりに苦労しても、その後良い結果に結びつくことがあります。

 

起業・新規事業

基本的に運勢とは「どうせ新しいことを始めるならできるだけ運気の良いときがいいよ」という使い方をするためのものなので、この時期の新規立ち上げはおすすめしません。

とくに「儲けたい」という意識があるほど幸先が難しくなります。もし天中殺前から計画を立てていて、周りからも勧められているなら飛び込んでみてもいいですが、自信があるものほど裏目に出やすく、あてが外れることも覚悟しておきましょう。希望に満ちた夢を思い描くと失敗率が高く、ダメでもともと・苦労してもいいと思って始める方が上手くいく可能性が上がります。

 

チャンス

一般的にチャンスはつかむものですが、天中殺中はチャンスが来たら注意が必要です。この期間はとにかく自分自身への欲望が裏目に出るため、儲け話、オイシイ話、好条件の引き抜き・転職、誘惑などに安易に乗っかると失敗する可能性が高いです。とくに「損得」で判断すると危険。今ある仕事や人間関係を裏切るような行為は絶対にやめましょう。のちのち悔やまれる結果になりやすいです。

 

引越し・不動産

引越しはできればしない方がいいです。ただ期間限定でいつもは住まないようなところに住み、天中殺が終わったらまた別の場所へ引っ越すなら問題ありません。また転勤や家庭の事情など他人の運気にしたがっての引越しは大丈夫です。

また、新築や不動産購入は避けた方が賢明。売るのもおすすめしません。変動が多い天中殺期間に「不動」産の売買は向いていません。後で扱いに困ることも多いです。

 

お金

天中殺のお金管理で大事なのは、とにかく自分の欲望のためにお金を使わないことです。楽して儲けたい、贅沢したいなどの利己的な欲望ほど裏目に出やすく、一時は上手くいったように見えても後々しっぺ返しをくらうことになります。困っている人を助ける、お世話になった人に恩返しする、大切な人にプレゼントを贈る、家族孝行をする、などお金を使うときは「人のため」に使いましょう。

 

健康

普段健康が当たり前な人ほど崩れやすくなります。物事が思うように進まないので、肉体的にも精神的にもストレスがかかりやすい時期です。天中殺は自分の身体を見直す良い機会ととらえて、できることなら天中殺に入る一年前くらいから身体のメンテナンスを始めましょう。

また、自分ではなく親や家族など周囲の人が体調を崩すこともあります。そのときは日ごろの恩を返すときです。親孝行できなかったと後悔する前に、しっかりと恩返ししましょう。

 

大逆転

これまでまったく上手くいってない物事に対してのみ現状を打破する絶好の機会になります。ただそのためには、今の人間関係全員と縁を切って、知り合いが誰もいない土地へ引っ越して、自分の力だけで人生を再スタートさせる覚悟が必要。最悪だったものを大事に守ってても仕方がなく、天中殺は「今までの自分をブッ壊せ」というサインだと思って運勢に背中を押してもらいましょう。

ただし、守ってきたものを壊すのには責任が伴います。少なからず守るべきものがある人や安定を望む人にこの方法はおすすめしません。

 

天中殺明けの軌道修正 ※重要

天中殺ではできるだけ新しいことや挑戦はしない方が好ましいとされていますが、そうは言っていられない物事も往々にしてあります。だって2年てそこそこの長さですよね。そんなときは天中殺なんて気にせずに先へ進めてしまって大丈夫です。

ただ天中殺が明けると感覚が変わるのは同じなので、天中殺が明けたら改めて現状を振り返る機会は作るようにしましょう。

仕事や家庭など生活に違和感があれば、その都度より過ごしやすい方、発展が望める方に軌道修正していってください。本当に大切なのは、その流れの変わり目を見極め、臨機応変に対応できるように自分自身にアンテナを立てておくことです。

 

めんどくさい!こんなに覚えていられない!という方には、とにかく天中殺期間は

・己の欲を優先しないこと

・人の役に立つこと

この2点だけ覚えておいてください。

 

天中殺期間のおすすめ参考書

天中殺が近くなったらこれを読んでおきましょう!

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

ゲッターズ飯田の 裏運気の超え方

 

 

ゲッターズ飯田さんの「裏運気の超え方」という本です。

ゲッターズ飯田さんは「五星三心占い」という独自の占術をお持ちで、五星三心占いには「裏運気」と呼ばれる時期が存在します。そして、この「裏運気」と算命学の「天中殺」はほぼ同じ意味と思って差し支えありません。

 

この本では、運気の流れ、捉え方、裏運気の超え方、裏運気についてなどがわかりやすくまとめてありますので、天中殺の人にも非常に参考になる一冊です。

今回の「天中殺の過ごし方」でも大変参考にさせていただいています。

天中殺が近づいてきたらぜひ一度目を通してみてください。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20200629232131j:plain
 

「天中殺の過ごし方」は鑑定書と一緒に送付しています

有伽堂きりんの算命学鑑定では、鑑定書と一緒に「天中殺の過ごし方」もお客さまへ送付しています。書いてある内容自体は今回の記事とほぼ同じです。

きりんの鑑定では鑑定書がボリューミーになってしまいがちなので、それに添付する「天中殺の過ごし方」はできるだけシンプルになるよう心がけました。

 

算命学を扱う占い師の中には「天中殺では何をやってもうまくいかない」と依頼主を落胆させるような人もいますが、そんな言葉にがっかりしなくても大丈夫です。

天中殺なんて所詮「知らなければそれまでのこと」です。怖がる必要なんてありませんよ(^_^)  基本的には「普通に」「いつも通り」自分の生活を守っていれば問題ありません。

そしてこんな風に気をつける点がわかれば対処もできます。

 

冒頭でも述べたように、天中殺は誰にでも訪れる人生の循環に必要な期間です。

ポイントを押さえておけば、さらなる発展をもたらすきっかけにもなります。

せっかくなら上手に利用していきましょう。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

▼自分をもっと知りたい方へ▼


▼有伽堂きりんホームページはこちら▼

有伽堂きりん- yukado-kirin ホームページ!