有伽堂きりんのブログ

算命学鑑定・算命学にまつわるあれこれを中心に綴っています

日干で干合する相手ははたして本当に相性がいいのか?/算命学ブログ

算命学では生年月日を使って「相性鑑定」ができます。

相性鑑定は単純に良い・悪いだけを判断するものではないのですが、二人の命式(人の性質をみるやつ)を見比べて、一応「良い組み合わせ」「良くはなさそうな組み合わせ」は存在します。

 

今回はその組み合わせの中でも、算命学で「もっとも相性が良い」といわれている組み合わせである日干干合についてお話していきます。

 

日干が干合する相手ってどういうこと?

まず、日干(にっかん)とは、算命学でもっとも重要視されている、その人の人間性の核となる星です。陰占図という図内の○の部分▼

日干についてはこちらの記事▼

そもそも算命学とは?▼

算命学って知っていますか?自分の命式を出してみよう

 

で、この日干には「干合」(かんごう)と呼ばれる特別な相棒がいます。

その相棒になる星はこちらの表でわかります▼

この干合表でお互いに引き合う星が干合する星です。

つまり、上記の陰占図の日干は「己」なので、己と干合するのは「甲」になります。

したがって、「日干で干合する相手」とは「自分の日干と干合する星を日干に持っている人」のことです。

日干が己の人にとっては日干が甲の人が「干合相手」になります。

 

この干合同士はお互いに引き合い、強い結びつきを持つとされています。なので、自分の日干と干合する星を日干に持っている人と出会ったら、その人があなたにとって、いわゆる「運命の人」にあたります。

 

そして、日干で干合する相手には、魂が共鳴し合い、一目ぼれのような現象が起き、男女関係なく、なんとなく目を引く、気になる、話してみたい、などの気持ちがうまれやすいそうです。

他人事感…(^^;

 

運命の人に出会う確率は?

「たった一人の運命の人」を信じて求めている人にとっては夢を壊すようで申し訳ないのですが、算命学的に日干で干合する相手を「運命の人」というのであれば、運命の人は実は結構います(笑)

 

なぜなら、日干は全部で10種類しかないので干合になる確率は単純計算で10分の1だから。

つまり、10人に1人は運命の人 ってこと (゚д゚)!

 

まぁ、卓上の計算なので、現実はそうそう上手いこと出会えるわけでもありませんが、でも30人くらい人がいたら1~2人はいそうですよね。

しかも、魂が共鳴し合うっていうくらいなんだから、実際の過去数人をさかのぼってもそれなりにいそうじゃない?

 

そう考えると、夢はないけど希望はある話だよね?

恋愛・結婚にロマンチックさを求めるなら皆無だけど、本気で恋活・婚活している人にとっては朗報ですよ。だって10人に1人は運命の人なんだもん。

 

日干で干合する相手との相性は?

日干で干合する人が運命の人とするなら、やっぱり相性がいいから運命の人なんでしょ?って思いますよね。

そうです。結論からいうと、日干で干合する相手は相性がいいといえます。

 

では、どのくらいいいかといいますと、、、

 

ズブズブに抜け出せないくらいにいい!!

 

言い方(笑)

でもほんと干合相手ってそんな感じ。なんせ一目ぼれのごとくお互いに引き合うんだからズブズブのベッタベタよ?

 

あ、おもに精神的にね。

肉体的でもいいですけどー

 

なので、もしパートナーと干合が成立しているなら「自分にピッタリくる相手」だったということです。その関係は「なるべくしてなった」という強固なつながりを見ることができます。少なくとも「縁のある相手」ですね。

 

となると、神様出会わせてくれてありがとー!ダーリン大好き!ハッピー!!

みたいに思えますけれども、ね、、

 

た・だ・し ってやつよ。

 

算命学の基本思想は陰陽表裏一体よ?中庸が理想なのよ?何事も「過ぎ」てはいけないのよ。それが算命学。東洋占術の真理。

 

日干で干合する者同士はたしかに相性がいいです。魂が共鳴し合うくらいにいいです。ただし、だからといって、良い面だけではなく、結びつきが強いがゆえに「縁を切りたくても切れない」場合もありえます

 

同じ人と何度も別れてその度に復縁を繰り返している人っていません?しかも毎回似たような理由で別れたりくっ付いたり。第三者からすれば「いいかんげんにしろ」って突っ込みたくなっちゃうカップルっているよね。

 

いわゆる「腐れ縁」ってやつですよ。

良い関係もあるけど何の発展性もないのにズルズル続いちゃうような場合もあります。

 

これが不倫やセフレになるとちょっとやそっとじゃ抜け出せない

 

そして、最悪はモラハラやDV被害を受けているのに別れられないという事態にもなりかねないんです。

 

もちろん、お互いにしっくりいい関係性を築けているなら日干干合の作用が最大限に引き出されていて最高ですよ。

でもこういう可能性もある、というのを頭の片隅にきちんと入れておいてください。そして、パートナーの態度に少しでも違和感を感じたらこれを思い出して。

 

相性が良すぎるという罠

というわけで、算命学の相性鑑定でもっとも「相性がいい」といわれている組み合わせ「日干で干合が成立するカップル」についてをまとめました。

ま、何事もね、良い面もあれば注意点もあるってことです。

 

ちなみに、「日干干合」プラス、陰占図の日干以外の天干でも干合する場合はさらに結びつきが強まります

それはもうズブズブのズブズブです(笑)

ズブズブでもいいけどサラッと爽やか感は欲しいよね。

 


万が一、今パートナーとの良くない関係性の方でお悩みの方は一度ご自身と相手の日干を調べてみてもいいかもしれません。

 

そのほか相性についての記事もあります▼

 

さいごに、有伽堂きりんの算命学鑑定では、オプションで相性鑑定も承っております。(相性鑑定単体では受け付けておりません)こちらは、相性鑑定といえど、パートナーさんとより良い関係性を築くための「傾向と対策」になっています。

 

自分の傾向を知って、相手の傾向を知って、二人の傾向を知って、お互いの良さを生かすにはどうすればいい? ご機嫌を保つには? どこに気をつけたらいい? というのをまとめたものです。

 

ご興味あればぜひこちらもみてみてください。

ここまで読んでくれてありがとう(*´▽`*)

 

▼算命学鑑定の受付はこちらから▼

 

▼鑑定メニュー一覧▼