有伽堂きりんのブログ

算命学鑑定・タロット占い

Q:算命学の鑑定書はどのように役立てたらいいですか?

A.基本的に自由に解釈していただいて結構です。

弊サービスを受けてくださったお客様から、ご感想としてよくいただくのは「客観的な視点として迷ったときの参考します」というものです。タイミングが合えば転職や婚活の参考するという方もいます。

 

基本性質はその人が持って生まれた性質になるので、たとえば現状に苦しさを感じたときや変化を起こしたいと考えたときに「自分はどういう人なのか」「自分にはどんなものが合っているのか」といった自分の方向性を探る参考になればいいなと思っております。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20210228153010j:plain

 

算命学の鑑定書はその人がもともと持って生まれた「傾向」をまとめたものです。人間の性格というのは、生まれた持った性質半分と身を置く環境からの影響半分によって形成されるものです。

そして自分がもともと持っている性質と現実の環境の差異が少ないほど人生の満足感が高まりやすくはあります。なので、もし現在自分の生き方にどうしょうもなく違和感を感じているようなら、自分の性質と環境が合っていないのかもしれません。そんなときに弊サービスを「自分はどんな人なのか」を知るための参考にしていただければ本望です。

 

また、鑑定書はお申し込み者の命式だけをみてきりんが独断で書いています。そのため中にはピンと来ない内容もあるかと思います。

ただ「えーわたしってこんなかな?」と感じた部分ほど自分で気が付いていない隠れた本質である場合も多いです。ぜひ「はずれている」という感想だけではなく「もしかしたら自分にはこういうところもあるかもしれない」という視点を持ってみてください(^^)

ま、単純にまったくのピンボケな可能性もありますが…(;´Д`)

 

占いはアタリ・ハズレだけではなく、自分の可能性を広げてくれるツールでもあります。むしろそっちが占いの本質になります。

自分が気に入っている部分はより伸ばせるように、気に入らない部分は修正できるように、自分の個性を磨きつつ自分の人生を歩んでいってください。

有伽堂きりんの鑑定書がそのためのヒントになれば幸いです。

 

▼算命学鑑定の受付はこちらから▼

www.yuru-tarot.work