有伽堂きりんのブログ

算命学鑑定・算命学にまつわるあれこれを中心に綴っています

2022年「壬寅」の運勢は?ラッキーカラーとアイテム/算命学

今回は算命学からみた「今年の運勢2022」をまとめてみました。

2022年は果たしてどんな年になるのでしょうか?

f:id:y-enjoyabletarot:20220116113533j:plain

2022年「壬寅」(みずのえとら)ってどんな年?

はじめに、大前提として算命学の年明けは2月の立春からです。算命学では一年を立春~節分までと数えます。なので「2022年」は算命学では、2022年2月4日~2023年2月3日までですね。ちょっと頭の片隅にあるといいかも。ただ運気は厳密に「この日から変わる」ってわけではないので覚えていなくてもいいです。(どっちやねん)

 

さて、2022年がトラ年ってことはご存知の方も多いと思いますが、暦としてもう少し詳しくいうと「壬寅」という干支の年になります。

「みずのえとら」や「じんすいのとら」と読みます。みずのえとらの方が一般的な読み方かな。

 

では、これがどんな年になるかという話ですが、まず十干「壬」は水をあらわし、十二支「寅」は木をあらわしています。

これは五行説が基になっている考え方です。それに陰陽説も加えると、壬も寅もどちらも陽の気になります。陽とは広がりや上に伸びることを表しています。

 

ま、難しいこといっちゃったけど、つまりは

水がたっぷり注がれて、木がニョキニョキ伸びたり、枝がワサワサと茂ったり、といったイメージの年

ってことです。

 

なので育てる、拡大する、挑戦する、というような、

前進や発展が望める年になりそうですね!!!

 

新しいことややりたいことにどんどんチャレンジしてみましょう!

また、「最初は一生懸命やっていたのに途中で止まってなんとなくそのままにしていること」を再開してみるのもいいですよ。

 

そして、その特性から内向よりも外向の年です。とくに社会性を発展させることを意識してください。

 

ま、簡単にいうと、

お仕事をバリバリ・ゴリゴリ頑張ろう!!ってこと。

 

出会いや結婚も人間関係の広がりではあるのでそれはそれでいいんですけれども、やっぱり私生活よりは仕事面の広がりが強い年だと思いますね。

 

あとは、金回りが良さそう。

ただ入ってくるのと同じくらい出ていくのも多そうなので、気を抜くと湯水の如くジャブジャブ使っちゃうから要注意。

ご利用は計画的に(笑)

 

でも、そもそもお金を使うってことは金回りがいいってことだから、目的もなく節約するくらいなら使う方がいいなーとは思います。もちろん生活に困らない範囲でね。

ただ開運のコツとして、単純に欲しい物を買うだけではなくて、自分の成長につながるようなものに投資するといいでしょう。

 

寅年に注意が必要な人

みんながみんないい感じとは限らないのが運勢ってものでですね。人それぞれ良し悪しがほんとに異なります。自分の運勢を詳しく知りたいなら個人で占いなどでみてもらってください。そのときはカード占いや手相ではなく、生年月日を使う占いがおすすめ。

 

というわけで、先ほどまで成長だの金回りがいいだのいっていましたが、中にはちょっと注意が必要な人もいらっしゃいます。

 

まずは寅卯天中殺の人

「算命学 無料」とかで検索すると自分の命式出せるサイトがいくつかあるので、自分が何天中殺なのか出してみてください。

このサイトは見やすくてわかりやすいですよ▼

【無料命式】自分の命式を知る | 算命学Stock

天中殺の年は運気が乱れやすいのでよく考えて行動するようにしてみましょう。

とはいえ、きりんの場合は「天中殺だからツイてない・よくない」とは一切思っていませんので安心してください。天中殺についての記事はこちら▼

ただし、2月は壬寅が重なるので寅卯天中殺の人にはちょっと窮屈に感じる時期になるかもしれません。やる気はあっても身動きがなかなかとれない、みたいな感じかな。

 

もうひと方は、自分の命式の陰占図に「丙申」もしくは「丁申」がある人

f:id:y-enjoyabletarot:20220116135755j:plain

自分の命式を出してみて「陰占」「陰占図」「命式図」って書いてある図のなかに、日・月・年、場所はどこでもこの画像のように丙申または丁申がある人です。

 

壬寅とこの組み合わせは「天剋地冲」といってトラブルの暗示になります。とくに人間関係がゴタゴタするかも。ケンカしたり、意見が割れたり。なので人にはより一層の親切と思いやりを忘れずにね。

 

でも決してそれは悪い事ばかりではなく、ケンカしたからわかることやトラブルがあるから成長できるという側面もあります。

 

だから、寅卯天中殺の人も天剋地冲の人も一番大事なのは気にし過ぎないことです!

 

ただし、ただし、ただし、、、

2022年2月18日(金)に関しては、「壬寅年」の「壬寅月」の「壬寅日」になり、トリプルで壬寅が重なるので、この日だけはおとなしくしておく方が無難!!!

ズブズブにハマるか、溺れちゃうかも(笑)いつも通り淡々と過ごすことを心がけてね。

そのほかの人はこの日は商売繫盛の神社にお参りにでもいっておくといいかも。

 

2022年のラッキーカラーは?

続いて今年のラッキーカラーです。ほかでは青系が推されてるところが多いと思いますが、ここではあえての「赤」です!

青でもいいんだけど、より勢いをつけたい、攻めに攻めていきたいなら赤

 

ほら、木が育つには水だけじゃなくて太陽の光も必要じゃん?その太陽の役割をするのが赤色です。

 

基本的には仕事面で生かされやすいカラーになります。

もちろん日常的に取り入れていただきたいですが、とくに起業や契約締結、大事なプレゼン、車や新居購入、プロポーズ(これは仕事ではないけれど大いなる決意なので)などの「ここぞ」というときには意識して赤色を取り入れてみてください。

 

とはいえ、赤はなかなか強いエネルギーを生む色ですので、勢いがよすぎて暴走気味になってしまう可能性も。もし自分の目的地を見失いそうになったらシルバーがおすすめ。白でもいいです。こちらは背中をサスサスして血行を良くしてくれるイメージ(笑)滞った流れがスムーズに運ばれやすくなるでしょう。

 

また、そんなに勢いつけなくてもいいよ、そんなに攻めたいわけじゃないよ、って方には黄色。黄色は木(寅)の成長速度を吸収してくれて、なおかつ水(壬)の勢いを押さえてくれるのでバランスが取りやすくなると思います。

 

自分の目的に合わせて使い分けてみてくださいね。

 

2022年のラッキーアイテムは?

上記を踏まえて、こちらが推すラッキーアイテムは「レッドタイガーアイ」です!!

f:id:y-enjoyabletarot:20220116162832j:plain

そもそもトラ年なので虎のモチーフや虎を連想させるものはアイテムとして良いですよ。まさにタイガーアイはぴったりでしょう。

 

そして、普通のタイガーアイでもいいのですが(黄色だし)ただやはり赤をプラスしたい。タイガーアイは金運のストーンですので、そこに「赤」を加えることでもっとジャンジャラ稼ごうという魂胆ですね。

 

とくに自営業や経営者など自分で商売をやってる人にはおすすめです

 

ただレッドタイガーアイはエネルギーが強いアイテムなので、調子がすぐれないときは外してください。もしくは水晶などを一緒に持ってバランスを取りましょう。

 

また、貴金属を身につけるのもいいです。ラッキーカラーの話でも「シルバー」といいましたが、貴金属を身につけることで流れをスムーズにしてくれます。

 

そのため、アクセサリー類はビーズやレザーとかじゃなくて、シルバー、プラチナ、ステンレスあたりがおすすめです。

ゴールドもいいけどやはりおすすめはシルバー。

 

ぜひ参考にしてみてね。

 

ツイキャスで今年の運勢をおしゃべりしています

2022年の運勢についてはツイキャスでも配信しております。

ツイキャスでは、算命学仲間の陽ノ紫ハル氏と一緒に、楽しく、好き勝手、あーだこーだ、とガヤる…おしゃべりをする会を配信しています。

 

そしてこの2022年の運勢に関しても配信済みです。よろしければ聞いてみてね。

【紫ハルときりんのガヤトーク/ツイキャス】

Live History - 算命先生:陽ノ紫ハル (@shiharu_hino) - TwitCasting

▼陽ノ紫ハルの「マイベスト塾 占処掬ヒ」▼

Thinking about your Life

 

f:id:y-enjoyabletarot:20220116171038j:plain

さいごに

こんなことをいったら元も子もないけれど、運勢なんていうものは結局は曖昧なものです。何の科学的根拠もありません。

 

たがら、運勢の良し悪しなんて「言われてみたらそうかも」「そんな気がしてきた」くらいのゆるーく活用していくのが「いい塩梅」だったりします。

せっかくだから自分の人生をよりよくするために上手に向き合って使っていきたいところです。

 

なにはともあれ、2022年「壬寅」はとにかく仕事を頑張りたい人向けの年です。

 

つまり、わたくし有伽堂きりんのことですーーーー!!

頑張ります!精進します!そしてジャンジャラ稼ぎます!!(笑)

 

みなさまにも幸あれ!

 

▼有伽堂きりんの算命学鑑定はこちらから▼

▼きりんと紫ハルの算命学でガヤガヤ▼

こちらは人さまの命式を二人であーだこーだよんでいく会です