旅人占い師・ユウカのブログ

メール相談&タロット占い/自分のやりたいことを見つけるためのセッション

メール占いのメリットは?〇〇な人はメール占いがいいよ!-占い師がお答えします

ひとくちに「占い」といっても、占術もやり方も金額もさまざまです。

その中から今回は「メール占い」について、占い師目線から、メリットやデメリット、こういう人におすすめ!などをご紹介いたします。

 

というのも、わたくしユウカのタロット占いも「メール占い」でございます。そして同じメール占いでも占い師によってやり方が異なりますので、こちらの記事を参考に、ぜひご自身の目的にあった占いを受けていただけたらと思っております。

 

〔もくじ〕

 

f:id:y-enjoyabletarot:20191014223942j:plain

メール占いが気になる!その特徴は?どんな感じ?

メール占いの特徴

メール占いとは、依頼者さまの質問から占い師の回答まで、すべてメールおよび文章のみのやり取りで完了する占いのやり方です。

手紙も一応メール占いかな… air maiとかいうし…

 

料金設定の種類

まちまちではありますが、一番多いのが以下の3点です。

1.文字数課金型

文字につき〇円と設定されていて、依頼者側が使用した文字数によって金額が加算されていくシステム。軽めの相談ならサクッと占えて非常に安く抑えられるが、当然内容を詳しく書いたり、質問をたくさんすると金額があがっていく。

 

2.定額型

1回(1相談)につき〇〇円と設定されている。料金自体は一見すると高めな印象を受けるかもしれないが、どれだけ詳しく書こうと、質問しようと、定められている規定内なら料金は定額なので、いろいろ聞期待人は結果的にお得な場合も多い。

 

3.組み合わせ型

その占い師および所属企業が定めている一定ラインまでのサービスまでは定額で、それを超えるサービスを受けたいときは追加オプション料金を支払っていくシステム。

例:1相談〇〇円。プラス△△円お支払いで結果に対する質問を1回受け付けます。

 

メール占いの信憑性は?ホントに当たるの?

たまに「占っているときの姿が見えないので、テンプレやテキストを見て送っていてもわからない。」などの記事を拝見することがありますが、正直これに関しては「たしかに分からない」です。

 

しかし、人のお悩みというのは本当に十人十色であり、誰一人としてまったく同じ相談内容なんてことはありえません。だから、たとえなんらかのテキストを見て回答していようと、少なからず依頼者さまの相談内容に合わせた回答が必須になります。

また、あらかじめ回答のテンプレートを用意していたとしても、こちらもやはり、依頼者さまの相談内容に合わせて、毎回内容を精査して回答する必要があります。

 

なので「メール占いでは、占っているときの姿が見えないから信憑性に欠ける」などということはまずありません。どんなやり方でも「相談内容に沿った回答」は占いには必須なのです。

 

また占いが「当たる」のは大前提です。だって占い師側からすると「まったく当たらない」は死活問題です。というかもしそうだったら占い師とは名乗れないですよねー。

人によって占い師の好みや相性はあっても「占いは当たるもの」なんですよ。

 

あ、ただし無料占いは別ですよ?自動botやテンプレで手間を省いているから無料であり、当たっても当たらなくてもいいから無料なんです。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20191014224515j:plain

知っておきたいメール占いのメリットとデメリット

メール占いのメリット

1.時間と場所を選ばない

メール占いでは、メールを打つだけなので相談内容を余計な人に聞かれる心配もなく、お店などに出向く必要もありません。

それに、例外はありますが電話や対面占いと違い、占いを受けた時間によって料金が変わるわけではないので、ちょっとした空き時間などを利用しながら自分のペースでやり取りができます。

 

そのため待ち時間や予約時間、鑑定時間を気にせず、じっくり回答を読んだり、落ち着いて自己分析ができますよ。

 

2.あとから何度でも読み返すことができる

メール占いは手元に記録が残るので、占いを受けた後も何度でも結果を読み返せます。しばらく経ってから読み直すことで「占いを受けたときの自分」と「今の自分」の変化の確認もできますよ。

 

せっかくお金を払って占いを受けたのに、終わってみたら「あれ?なんて言われたっけ?」は結構ある話です。

わたしも以前対面で手相をみてもらったとき、受けている最中は「ふむふむ、なるほどー」なんて聞いていたんですが、いざ家に帰って自分の手のひらを覗いてみても「この線なんだっけ?」状態。しかも2.3日経つにつれてどんどん思い出せなくなっていく始末…

 

たしかに「覚えていないところ」は「自分に必要ないところ」と割り切れればいいんですが、私の場合はなんだかもったいない気がしてしまうのです…(+o+)

 

3.自分を見つめ直す機会を得られる

自分の思いを文章に起こすことで、口から言葉として発するよりも必然的に「自分について考える」時間が増えます。

人間の生活は忙しいものです。ゴリゴリ働いていたり、子育てに奮闘中ならなおさらですよね。しかし日々の生活に追われるようになると、だんだん「自分の感覚」が鈍くなってしまいます。

 

自分は何が好きで何が嫌いなのか、どんなものを美味しいと感じるのか、どんなときに幸せを感じているのか、自分は今なにがしたいのか、何を求めているのか…

それらの「感覚」が麻痺してくるんです。

 

メール占いを通して自分自身をふり返り、見つめ直し、かわいがる。鈍くなった感覚をもう一度取り戻していきましょう!

 

メール占いのデメリット

最大のデメリットは「時間がかかること」ではないでしょうか。

依頼者さまからしたら、時間にしばりがないことはメリットでもありますが、それは同時に占い師にとってもしばりがないということです。

もちろんほどんどの占い師は、できるだけ早めの対応を心がけてはいると思いますが、占い師も人間です。当然買い物に出かけることも、友人と遊ぶことも、占い以外の用事も生活もあります。

わたしの場合は旅行に行っている可能性も…

 

だから「今すぐ回答が欲しいのに!」という人には合わないし、「返信を待っている間に熱量が冷めちゃった」ってこともありうるかもしれません…

 

メール占いはこんな人に向いている!

・人見知りさん

顔を合わせずに相談できます!

 

・電話が苦手な人

30代より下の年代の方は、電話よりメールの方がやり慣れていませんか?

 

・文章を読み慣れている人

読書が好きだったり、長文LINEを日常的にしている方は文字での情報処理が得意ですから、耳で聞くより目で見る方が内容が入ってきやすいですよ!

 

・忘れっぽい人

メールなら記録に残るので、話をすぐ忘れちゃうあなたでも安心!

 

f:id:y-enjoyabletarot:20191014224701j:plain

自分の好みや目的に合わせた占いスタイルを選ぼう!

メール占いの話からちょっと道を逸れますが、より自分の目的に合わせた占い師を選ぶために基準となる2種類の占いスタイルをご紹介します。

 

1.鑑定タイプ

依頼者さまから受けた相談や質問に対して占い鑑定結果のみで回答するやり方。

 

たとえば、

依「わたしの仕事運は?」

占師「今こういう状態で、今後こんな風に変化すると占いで出ました。だからこうしてみるといいですよ」

と占い結果で回答することです。

 

お悩みに対して、すぐに答えが欲しいとき、自分以外の他人からはっきりとした指針を受けたいときは、このようなタイプの占い師がおすすめです。

おそらく一般的に「占い」と聞いて、一番に思い浮かぶのがこのタイプではないかと思います。

 

2.カウンセリングタイプ

依頼者さまの相談に対して、話をじっくり聞いたり、逆に質問したりしながら、依頼者様自身にも自らを見つめ直せるよう促していくやり方。そのやり取りの中で占いを使用する。

 

たとえば、

依「わたしの仕事運は?」

占師「なぜそれを知りたいのですか?」

依「この前ミスをしてしまって、自信をなくしてしまった」

占師「そうしたら、大事なのはあなたがもう一度自信を取り戻すことです。なので仕事運ではなくて、そのためにはどうすればいいかを占うのはいかがでしょう?」

依「そうですね」

というように、依頼者さまと対話をすることで「その人が本当に望んでいるものは何か」を掘り下げていきます。

 やり取りにはある程度の時間を要しますが、誰かにガッツリ相談に乗ってほしいとき、自分の気持ちや考えを整理したいときには、このタイプの占い師がおすすめです。

 

気になる占い師がいたらその人の「鑑定例」などを見てみましょう。その人がどういう占いスタイルなのか確かめてみてください(^^)/

 

ユウカのメールセッションは?

上記のタイプに合わせた呼び方をすれば「カウンセリングタイプのメール占い」になります。

 

わたしが自分のサービスを「メールセッション」と呼んでいるのは、依頼者さまとの「対話」に重きをおいているからです。対話といってもメールだから直接話すわけではないですけど…

 

本来占いの依頼者さまは、なにか自分一人では解決しにくい状況や悩みがあって占い師のところへ相談に来られますよね?

つまり、依頼者さまの根底にある目的は「今の状況を把握したい・改善したい」であり「悩みを解決すること」です。

 

極端な話、わたしは依頼者さまの悩みが解決するなら占いにこだわる必要はないと思っています。ただ依頼者さまは「相談」と「占い」を求めていらっしゃるので、もちろん占いをしますし、わたしの方も依頼者さまと向き合う手段として占いを使います。

実際に、対話だけで本質までたどり着いたこともあります。そのときの占いではその方の今後の運の流れをタロットでみました。

 

また基本的には、はじめに依頼者さまから詳しいお話をお聞きし、状況を整理してから占うというセッションパターンが多いのですが、状況や内容によっては先に占いしてからお話を伺っていくこともあります。

 

そこは「この依頼者さまに1番合っているセッション形態はなにか」を常に意識し、臨機応変にやり方を変えていきますからね!

〔鑑定例〕

*夫婦関係は家を建てるともっと良くなるかも…結婚相談

*理想の転職をするには?…仕事相談

 

もし、この記事をご覧いただいている方の中で、なかなか自分だけでは解決策がえないお悩み、自分の周りの人にはできたい相談事などを抱えている人がいらっしゃらならぜひ一度ユウカのメールセッションを受けてみてはいかがでしょうか。

 

あなたの決断にそっと寄り添う、そんなセッションを提供しています(^ ^)

ここまで読んでくれてありがとう。

 

 

▼選択に迷ったときの道しるべになります!▼