旅人占い師・ユウカのブログ

メール相談&タロット占い/やりたいことを見つけよう

英語でタロット占い結果を伝えてみよう!ヘキサグラム例

少し前に、地元の保険屋さんの企画でタロット占いをお願いされた事があったのですが、そのときにフィリピン人のお客様がいらっしゃいました。

その方は日本語を話されるのですが、あまり得意ではない様子でわたしの伝えることを上手く聞き取れなかったのです。

 

わたしはというと、旅人とはいえ英語が得意なわけではありません。しかも占いで使う言葉と、旅行で使う言葉は違います。そんな中で、できるだけ簡単な単語(日本語)を使ってカードの意味を説明したり、知っている英単語を駆使したりしてみたのですが、結局微妙なニュアンスまでは伝えることができませんでした。

 

このとき、申し訳ない気持ちと悔しい想いが生まれたので、今回はタロット占いで使えそうな英語フレーズを改めて調べてみました。

とにかく悔しいままでは終われません。次回もしそのような機会があった場合には、対話はできなくとも、ひとまず一問一答形式ならなんとか伝えられるようになりたいですね。

 

 

ヘキサグラムスプレッドの並びを英語で説明する

タロット占いで非常によく使われているスプレッド(並べ方)に「ヘキサグラム」があります。これはどんな質問でも使える万能スプレッドです。わたしもよく使っています。

このスプレッドでは、質問者の状況、内面、周りの環境など、知りたい要素をほぼすべて読むことができます。

 

人によって並べ方や位置に差異はあれど大体この形です。

f:id:y-enjoyabletarot:20190701221423p:plain

それでは、ヘキサグラムスプレッドでのカードの位置をそれぞれ英語にしてみましょう。

 

・過去/the past

・現在/the present

・未来/the future

・資質/potential

・環境/environment

・助言/advice

・結果/outcome

 

単語を調べると大体こんな感じです。

おぉ、これがわかっただけでもだいぶイケそうな気がする…

もう少し詳しく知りたいですね。

 

過去・現在・未来は相談者の状況を表している

ヘキサグラムスプレッドは、△と▽が合わさった形をしていて、並べ方も先に過去・現在・未来の△を並べてから、資質・環境・助言の▽を並べます。

わたしのカードの読み方としては、先の△で質問者の過去から未来への「状況」を読み、後の▽では相談者の人間性を探っていくイメージです。

 

というわけで、タロット占い結果を説明するうえで使えそうな言葉として「状況」を調べてみましょう。

 

・状況/situation、status

 

置かれた状況や状態を表す場合に使われる言葉で、日本語でもシチュエーションやステータスという言葉は使うのでわかりやすくていいですね。意味も日本語で使う場合とほぼ一緒です。厳密には「status」はビジネス関係で使うことが多いみたい。

 

<タロット占い結果をそれっぽく伝えるための例文>

First of all,I'll explain your situation.

まずは、あなたの置かれている状況を説明します。

 

・説明する/explain

・まずは/fast、First of all

 

おぉ!なんかそれっぽい!

この言葉を発してから、過去・現在・未来を指さして意味を言っていけばなんとか伝えられそうですね。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20190701222901j:plain

質問者の資質ってどういうこと?

先の資質には「potential」を使いましたが、これは正確には潜在能力という意味になります。現在の位置に出たカードが質問者の状況を差すなら、資質とは質問者が抱いている感情や能力など内面の人間性を表しています。そのため、とりあえず日本語としてもなじみのあるpotentialを選びました。

 

<そのほかの使えそうな表現>

・資質/attributes、qualities

・能力/abilities

人間性/humanity

・性格/personality

 

資質のattributesとqualitiesの違いは、人の才能や意志などのその人らしさを指すのが「qualities」で、他人をもっと客観的な視点から評価する場合には「attributes」だそうです。

 

<タロット占い結果をそれっぽく伝えるための例文>

This card expresses your potential.

このカードは、あなたの潜在能力を表しています。

 

・表す/express

 

これは使えるな(笑)

potentialの部分を、そのときのリーディングで自分がしっくりくる表現に変えたり、そのほかの位置にあるカードの説明にも使えますね。

 

いろいろ解釈の幅が聞く「環境」の部分

スプレッド内の環境とは「質問者をとりまく環境」のことです。人間の人格形成には、その人がどんな環境に身を置いているかが大きく影響しています。

周りの人がその人に抱いている印象や今後の発展にカギになる人物、その人が周りに対してどのように感じているかなどなど、鑑定時の状況にあわせてさまざまな解釈が可能です。

 

・職場環境/work environment

・家庭環境/home environment

 

environment は場所、状況、気持ちなど、幅広い意味での「環境」を表します。

 

・環境を変える/change your environment

・新しい環境に身を置く/put myself(yourself) in a new environment

 

前者は自分が手を加えることで環境を変えることで、後者は既に存在している別の環境に自ら入っていくようなイメージです。

 

また、この位置に出たカードは、もし恋愛相談などで特定の相手がいる場合には「相手の状況」として読むこともできます。

 

・気持ち/feelings

・印象/impression

・状態/state、condition

 

精神や気持ちの状態であればstateを使用し、病状や物の状態はconditionを使います。

 

<タロット占い結果をそれっぽく伝えるための例文>

The environment surrounding you is so good.

あなたを取り巻く環境は非常に良いです。

Your present environment is perfect for you.

今の環境はあなたにとって完璧です。

 

・周囲/surrounding

 

He has a good impression of you.

彼はあなたに良い印象を抱いています。

Her feelings for you has already disappeared.

彼女の気持ちはもうあなたにはありません。

 

・消滅する/disappeare

 

最後の例文のフレーズは言われたら泣いちゃうよね。わたしの占いではこんなひどいことは言いません。せいぜい「良くない(not good)」とか「普通(normal)」くらにとどめておきます。そしてきちんと「どうしたらよくなるか」というアドバイスを送ります。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20190701221719j:plain

アドバイスの送り方

タロット占いに限らず、占いでは結果の良し悪しだけではなく、質問者が今よりもより良い未来を得られるように「助言/アドバイス」を贈るものです。

良い結果の場合はそれが長く続くように、悪い結果の場合はそれを回避するために、「こんなところに気をつけてね」といったメッセージを伝えます。

 

占いでは結果を重要視しがちですが、わたしはむしろ占い結果そのものよりも、このアドバイスを受けるために占いを受ける価値があるといっても過言ではないと思っています。

 

では、英語でアドバイスをする場合にはどんなフレーズが使われているのでしょうか。

 

・〜した方がいいよ、〜はしない方がいいよ

/may want to~、may not want to~

mayをmightにするともっとソフトなニュアンスになるらしい。

 

・〜してみるといいよ/I hope you try ~、you should try~

 

・ぜひやってみて!/I want you to try!、Have a try!

 

・是非〜してください/You must ~

mustは丁寧に勧誘する時の表現になります。

 

<タロット占い結果をそれっぽく伝えるための例文>

You should talk to him more.

もっと彼と話してみてね。

I hope you look back on yourself.

自分自身をふり返ってみて。

Think about what you want to do.

自分が何をしたいのか考えてみて。

 

・回想する/look back

・自分を見つめ直す/take a look at oneself again

 

これらのフレーズは占いに限らず、観光案内や自分の趣味をおすすめするときなどでも使えそうな言葉ですね。

 

f:id:y-enjoyabletarot:20190701223118j:plain

結果についての表現は?

スプレッド内の「未来」は「相談者がこのまま過ごしていったときに現れる成り行きの未来」を意味しています。それに対して「結果」はもっと運命的なもの、「他のカードの流れを総合して、最終的に現れるであろう結末」です。

 

結果という意味の英語には、resultとoutcomeがあります。テストやスポーツの結果はresultで、交渉や会話の結果はoutcomeになるという記事を読んで、占い結果はoutcomeかなと判断しました。

 

・~になる/become、get、turn、grow

・実現する/come true

 

~になるのそれぞれの違いは、becomeは永続的な状態、getは一時的な状態、turnは今までの状態からの変化、glowは成長を伴う場合で使い分けます。

 

<タロット占い結果をそれっぽく伝えるための例文>

Your wish will come true in the future.

あなたの夢は将来実現するでしょう。

If you listen to the advice, you will get the situation you want.

もしあなたがアドバイス通りできたなら、あなたの望む状況になるだろう。

 

「なりたい自分」を強く望み、適切な行動を続けられれば、絶対に願いは叶うのです。その「適切な行動」を知るために占いは存在しています。

 

さてさて、これで一通りヘキサグラムスプレッドで使いそうな英語がまとまりました。これでなんとか英語でもタロット占い結果を説明できそう?

わたしは案外なんとかできそうな気がしています(笑)

 

肝心のタロットカードの意味を英語で説明するのは難しくない?

今回例文をまとめていて思ったことは「Google先生さまさまだぜ!」ってことです(^O^)

Google先生のおかげで、通常ユウカの鑑定で行っているような対話で話を掘り下げていくやり方は難しくても、一問一答形式であれば、英語で鑑定結果を出せる気がしています。

 

しかも、タロットカードは「THE FOOL」「KING OF CUP」とそれぞれ英語(カードの種類にもよる)で名称がかかれているので、なんのカードかはひとまずわかりますし…

 

さらに対面鑑定なら、文法なんかにこだわらなくても、指さし、単語、ジェスチャーで何とかなるので、文字にするより簡単に伝えられそうです。

 

カードの意味については、わたしの場合には、タロットについて今まで調べ上げた意味や成り立ち、スプレッドなどをまとめた「ユウカ’s オリジナルノート」があるので、そこに「英語では何というか」を事前に付け足しておけば、ノートを見れば意味も伝えられるでしょう。

 

となると、わたし英語でタロット占い鑑定ができるんじゃね?

 

もし英語での鑑定を希望される方がいましたらお問い合わせください。

If you would like to have my fortune‐telling in English,please contact me.

mail→yukatar0t@gmail.com

 

f:id:y-enjoyabletarot:20190701223252j:plain

 

まとめ

長くなりましたが、今回の記事はまとめているわたしにとって、非常に勉強になりました!!

もし外国の方を占うご縁があったのなら、前回よりもよりよい鑑定を提供できると思います。また、旅先でタロット占いをする機会があってもイケる気がします!!

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

Thank you for reading this to the end.

 

▼とはいえ、日本語鑑定の方が得意です▼